限界ぎりぎりのサラリーマンのセミリタイアを目指す投資・節約・雑記です。

40代サラリーマンです。転職し、地元と東京を行き来する日々。精神的に追い詰めらてますが、生活が・・・・。自分の興味がある投資(特に不動産)、節約術、子育て、普段の雑記的なことを備忘録的に書いていきたいと思います。

【安くダイエット】痩せるお茶は何がお勧め⁉飲み比べましたが悩ましい。

どのお茶が良いのか悩んでいます。

f:id:shiina-saba13:20210722131006p:plain
スーパーやコンビニでお茶を買う際に「痩せる」「脂肪を減らす」お茶を選ぶ方も多いのではないでしょうか?濃いお茶からヘルシア、黒ウーロン茶・・・様々にあります。値段も表示も異なります。5種類を購入して味見をしてみたものの、味の違いはそれほどなく「渋みの強い緑茶」といった印象でした。

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違い

f:id:shiina-saba13:20210718123849p:plain



まず、お高いトクホと機能性表示食品の違いです。

トクホは健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、表示が許可された食品で効果や安全性の審査を受けて消費者庁長官の許可が必要になります。
機能性食品表示は生鮮食品を含む全ての食品(一部対象除外あり)が対象ですが、企業が科学的根拠を提出する届け出制となります。

要はトクホの方がより厳しい審査を受け国が認めてるんですね。
まずは特茶ですが、サントリーのHPには「伊右衛門 特茶」は、“体脂肪を減らす”のを助ける初の特定保健用食品です。たまねぎなどの野菜に多く含まれ、脂肪分解酵素を活性化させる働きがあるポリフェノール「ケルセチン配糖体」を含んでいます、と書かれています。この「ケルセチン配糖体」は玉ねぎに含まれてる血液サラサラ成分と言うもので、丘にも含まれています。それをサントリーが国に証明してお墨付きをもらったという事です。
ケルセチン配偶体の効能は
・抗酸化作用
・抗炎症作用
・血流改善作用
コレステロール値低下作用
動脈硬化の予防作用
・血圧低下作用
・脂質低下作用
・抗肥満作用
と多岐にわたります。凄いですね。
で、別のトクホのヘルシア緑茶ですが、花王のHPには、「脂肪を代謝する力」とは、もともと人の体に備わっている“カラダの中の脂肪を分解・消費して、エネルギーに変える働き”のことです。健康のために、とても大切な力です。
カテキン飲料を継続飲用した結果、脂肪を代謝する力が高まることが確認されました。内臓脂肪が多めの方にお勧めします。(普通のお茶では) 同等の効果は期待できますが、苦くて、継続して飲むことは難しいと考えます、となっています。こちらはカテキンですね。これが540ml含まれているのがヘルシア緑茶です。
ちなみに両方とも180円程度します。高いです。毎日続けるのはやや負担があります。

そこで安く痩せる効能のあるお茶はこれ

f:id:shiina-saba13:20210722132155p:plain

そこでお勧めが伊藤園のおーいお茶濃い茶です。これはガレート型カテキン340g、カテキン総量は960㎎で機能性食品表示です。お値段はスーパーなら80円程度で売っています。半額で買えます。ガレート型カテキンの効能は伊藤園のHPに「摂取4週目以降、総コレステロールが対照飲料群に比べて有意に低くなりました。特に、LDL(悪玉)-コレステロール値については、摂取4週目以降、摂取開始時と比較して有意な低下が認められました」などと書かれています。正式に学術的論文として発表されているのでこれを国に届けるか認可を得るかでお値段に違いがありますが、調べたところ効能に大きな差は無いように感じました。セブンイレブンの一(はじめ)緑茶はローズヒップ成分が入っています。これは美肌に良いとされていることと、森下仁丹社の調べて12週間の接種で有意に死亡が減少したと報告されています。こちらは130円弱とちょっとお高めですが、セブンイレブンコカ・コーラの共同開発という意味ではそれなりの研究をされているものと考えられます。

なので、節約しつつお茶で痩せたいと思う方には(あくまで個人的にですが体脂肪を減らすNO.1と伊藤園が推奨する濃いお茶か安いです。次いでセブンイレブンの一(はじめ)プライベートブランドをお勧めいたします。(※個人的な感想です)伊右衛門特茶を出しているせいか伊右衛門濃いお茶は高カテキンをうたっているものの体脂肪を減らす効能は謳っていませんでした。調べた限り高カテキンは効能があるように思うのですが、トクホを出している以上、自社ブランド同士での比較が難しかったのかもしれませんね。

いろいろあるダイエットのお茶、自分なりの感想ですがまとめてみました。 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。